菅(すが)眼科

院長紹介

DOCTOR

ご挨拶

このたび、約10年勤務した福山市民病院を退職し、ゆかりの地「鞆」のある福山市で菅眼科を開院する運びとなりました。

岡山大学病院をはじめ、大学関連病院で外来・手術を中心に、臨床研修を積んでまいりました。
網膜・硝子体疾患・緑内障疾患および白内障の手術加療を中心とした医療を、皆様に献身的に提供してまいります。

医療は人と人と関わりあいです。これまでに得た知識・経験・技術をいかし、常に医療と正直に向きあい、患者様と出会う喜びを大切にしながら診療を行っていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

略歴

2002年3月 福岡大学医学部 卒業
2002年4月 岡山大学医学部眼科学教室 入局
2002年12月 呉共済病院 勤務
2004年1月 姫路赤十字病院 勤務
2006年1月 鳥取市立病院 勤務
2007年12月 香川県立中央病院 勤務
2008年4月 福山市民病院 勤務
2017年8月 菅眼科 開院

専門

日本眼科学会認定眼科専門医

網膜硝子体・緑内障・白内障疾患

ボトックス注射講習修了

学会

日本眼科学会
日本臨床眼科学会
網膜硝子体学会

手術実績

【2019年9月12日現在】(菅眼科での実績)

白内障手術 9700 件以上(1742件)
網膜硝子体手術 1900 件以上 (266件)
緑内障手術   770 件以上  (76件)